アイヌとソ連とかみのくに

ソ連とかみのくにの間に、繋ぎ目となる接着剤となる愛系列の一族があり、両国の感覚をハーフやクォーターのようにわかる血がある、翻訳や取りつぎに向いている。 
、血が流れてないと感覚的に理解しずらいかもしれない、日米ハーフとは違うタイプ、
ソ連と米のハーフはいるかと思うが、境界の一族なのだろう