大間

大間のマグロ釣、売却のうらは、町の地下に大量人質がいてふうじこめがある、それによる生活苦からも、
ドラコ一族は魚の呪いという魚の鱗が体にできたという地獄の鱗があるが、殺生をやめ善行で罪障が消されていくときれいな人の姿に戻り、呪いが全て消えた、石油財閥による燃料費売り込みもある、それがイカ、マグロ釣だと大量に石油が売れるから、猟師に悪魔契約を持ち出す、
サウンド犯が立てこもりをしていて、大量にある一見平和そうなメガソーラーや風車の地下に人質を閉じ込め、まわりにサウンド攻撃を仕掛けていたのがバレた