嘘 ツインソウル

サルメ様と猿田彦様と理想となっていることが、弁財天の流れのツインは騎士団か僧かもしれない、とした場合
補完関係で夫婦で小さな完全になるが、
嘘歌手男は女々しく、騎士でも法師でも僧でも、ジャーナリストでもなく、同業者、そして自分が理想の相手だと嘘をつく、補完関係になく、その組み合わせでは足りないものがたくさんあり、不明だらけ、専門的になにもわからない、よって、邪歌手の相手が、歌手や音系技術では不完全といっている、だから、ナンパの邪蠅レンジャーと邪蠅で八百長会議やって、襲撃役に金を握らせてすぐに負けてもらって、正義のヒーローが助けたから、交際してほしい、この嘘がわからないと、騙される
、文系と理系、芸術と運動、過労と反労働という反対、同業者で交尾をしたやつは、極悪人だったも聞いている
、こうもり男とこうもり女
、それを一流の芸術家はわかっていましたが、そこと違うものはわからなかったようだ
、同業者を争いナンパしている
、対して本人のファンIDー0の特殊客が家族らしい、IDーNOー1の前になにもなくても、すでにNOー0がいるわけだ

芸術学部と雑学がプロしかし、文理の知識は知る暇がなくよく知らない、これが補完関係では、補い合うが、同学校では被っているから2つ合わせても未知がたくさんで、補完関係になっていないので、ただのお友達か知っているという存在が事実という、むしろ専門外の客のほうが、気になるということがツインの小さな全知全能の
小さい真玉、欠片の形の合わないマガダマ2つではないという