鹿の拝み所の有る無し

青森市中央鹿島はなくなっています。悪魔契約で金とひきかえに壊したか、不正圧力により生活苦からというケースもあるかもしれません、
東京⇒トウキョウ⇒ドウキョウ(道教)は、奈良で大切にされているような、鹿
を拝み所、がないらしいと、健康のために鹿を殺してジビエが健康にいいなど疲れきっていた調査中の先生を、ところ騙して売り込み
、鹿殺害犯人のようにしてしまったり、鹿が逃げたら、法律が機能しなくなり、天秤をほおりなげて、正義の存在がさり、身勝手な妖怪のきまりごとが多数決で
、つくられる、そこに不正選挙集計機ムサシで、自民党が自動で当選する。妖怪が薬器法やら電波法、を作ったりして妖怪のきまりごとが法律としてまかれて、後ろにカバールがいる。鹿を大切にしないから、短命とかすぐに死ぬ、上司への失礼と同じで、命のろうそくが悪事でなくなっていき、禍いが増えて最後には死ぬ、負債が処理できないと子孫にまで及び、こどもがかわりに返済してこどもに頭を下げて感謝したりサポートする流れがあった。
いま善行は当然の1000年以上生きそうなかたがおおいが、命のろうそくは善行でのびる
、だからこそ浄財を必要不可欠な困っているところか、効果的なところに浄財した、それで延命したりもした
、もちろん金だけではない