銀河法2の妨害のせいで、隔離対象が衝突した事件

病院患者家族と病院患者家族の、意味不明なトラブルとしてみればわかるかもしれないが、立てこもり犯罪者といつまでも、人身売買して不正な相手を金や不正に襲いたい、それらのせいで、隔離対象の大きな多数のトラウマを抱える魂の家族たちが、隔離されず、絶えず衝突する、しかしストーカーは、ストーカーをやめず、立てこもりつづける、この事件はそういった不正をもって、犯人が隔離対象に擦り付けられ、処刑や解体と勘違いになるもの、原因としてストーカーが争いの原因になっていた、スパイをふくめて、きちんと隔離されていれば争いにならなかった一面があり、カバール立てこもり犯罪者のバイ菌キングとか、プラズモイド邪蠅などとその手下が、カルマ=業の主原因となっている
。カバール逃亡立てこもり犯が原因

、カバール階級3寄生体が、黒貴族だって言い訳がある。などというから、キメラが悪いから自分は無罪で立てこもるという、そして、摩可はどま地獄のキングスライムベスならぬ、インビシブルブニプニが、店や家に立てこもり汚い自分のアストラを腰を振りながら、気持ち悪い変体レイプインビシブルブラックゼリーが、水や食べ物に袋を貫通してする。そのくせ、自分は無罪で犯してやるとか、銀河法は立てこもり守ることはなく、人質をとって逃亡立てこもりのため部下に人質をとらせる
、そいつのようなやつがカルマの主といい、大祓いしようが、自業自得で効果ありません。そいつのようなのが主犯グループでした
。近くの店や家に汚いアストラを流し込んだそいつのせいで住民が、暴走し犯罪行為を高確率でしても、食べ物や飲み物の自分の欠片を流し込んだ寄生体のせいで大半起きています
、またネガティブ異星人の犯罪もそいつらが、原因であるようです。