まわりはすでに戦争の戦場なのに、詐欺師がいるという勘違い

いつだったろうか、マスクワクチンを全体に、政府を通じてお願いし、かなりのところで強要され、死亡もたくさんある。マスクをお願いしますと、偽りの平和は、店の怪しい運営を装った、しかし、戦争を仕掛けられ、戦場と化した各地は、配給すら危険でできない。
戦争をしかけ、相手を暴行し強姦するなど、罠地に引きずり込んで、さらったり、死にたくないと、訴える声を無視し無理矢理マスクワクチンや薬を飲ませたり、地上は戦場だったのに、状況がそれぞれ違ううえ、戦争の戦場なのか、ボンヤリしてぼやけていた、食べ物に必ず毒やウィルスが高確率で入っていて、寝ぼけていたかのようだった。
しかし日本エリアも戦争の戦場ですと、そういった報道や新聞がしただろうか、わたしにはテレビも新聞も契約してないし、嘘だらけで、みたいとも思わないので、知らなかったんです、ただドラゴン最終戦とかの情報はみていたが、そこまでひどいとは知らなかった
。大量に人が戦死するから、被害者集団葬儀をしてくれていたお寺で、
今年もまた大量に他界したな、と、可能なだけの冥福を祈って、愚かな戦争犯罪の早い処刑を望んでいましたな
、いまでは私が犯人と責められることもあるが、気にしてはいない
、故郷がちがうだろうし